MENU

家族で使えるから経済的

思春期の頃にできるニキビ。20歳を過ぎると「吹き出物」に変わると言われていますが、最近は「大人ニキビ」と言われることが一般的になりました。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期ニキビは皮脂の分泌が多いおでこなどにできることが特徴的で、大人ニキビはあごや口の周りなどの特に皮脂の分泌とは関係ないところに目立つようになります。肌がかさついているのにニキビができることも多く、思春期とは違って皮脂の分泌量が原因とは言えないことがわかります。大人ニキビができる原因はさまざまありますが、簡単に言うと乾燥とストレスによるものだと考えられているのです。

 

大人ニキビは何よりも水分補給が大切

大人になるにつれて身体の中の水分量が減っていってしまい、子供の頃と成人の頃とでは水分量が10%も違うとされているのです。乾燥によって肌が硬くなってしまい、硬くなった角質などがそのまま残ってしまって、毛穴をふさいで、その毛穴に皮脂が詰まってニキビができてしまいます。大人ニキビを発生しにくくするためには、まずは肌にしっかりと水分を補給してやり、やわらかくしてあげることが何よりも大切です。

 

思春期ニキビにもオススメ

大人ニキビに向けて作られたオルビスクリアシリーズですが、実際は思春期ニキビにも効果はあります。クリアシリーズは洗顔料で皮脂をしっかりと取り除き、化粧水で水分補給し、保湿液で保湿することができます。思春期ニキビも大人ニキビと同じで、しっかりと皮脂を取り除いて清潔な肌を保たなければなりません。思春期でしたらそれだけでも十分でしょうが、さらなる効果を得るためには、肌の保湿を心がけることが大切なのです。

大人ニキビにはオルビスのクリアシリーズ

オルビスクリアシリーズの公式ページ


大切なのは水

公式ページへ